2024年8月、新宿連絡会が結成されてから30年の節目を迎えます。

この特設サイトは30周年を記念して、昔の懐かしき資料や写真を順次公開し、私達の30年の足跡を辿りたいと思います。


連絡会前史  「路上から撃て」

 30数年前と言えば、バブルが崩壊し日雇労働者の街「寄せ場」を中心に、失業を理由にした野宿生活を余儀なくされた労働者が増え始めた頃。東京も山谷地域、上野、浅草、そして全国一の繁華街がある新宿でもその波は一挙に広がった。まだ「ホームレス」と云う言葉が一般的でなかった頃、山谷の地で日雇労働運動を地道に続けていた活動家達は、その変化にいち早く反応。社会の一大事との認識のもと、「人民パトロール班」を組織し、それまでの山谷地域のみならず、上野、浅草、池袋、高田馬場、新宿、澁谷地区にパトロールに赴くこととなった。その報告がこちらのパンフレット。
 1993年(平成5年)の山谷越年越冬闘争終了後に発行。 31年前の92-93越年期、新宿では西口広場、4号街路、中央公園を中心に300名近い路上生活者が確認されている。 その頃、毎晩のよう各所にパトロールに赴いていたが、新宿で受けた「衝撃」と云うのは今でも鮮明に覚えている。山谷の街中で、自ら日雇労働に従事しながら、仲間を組織し、組合のたたかいも続けて来た視点からは、まるで異質に見えるな世界。開けっ広げな近代的な街中でのコンクリートの上での路上生活。
この「衝撃」と「疑問」から 新宿独自のたたかいは始まったのだと思う。
 このパンフの各報告に通底しているのは「労務支配」をいかにして打ち破るのかと云う、きわめて労働運動的な視点で、この問題を解明しようと試みている。今読み返してみると、 大変懐かしく、そして、まだ若き硬直さ(人パト班の面々は当時皆20代)を残していて、それもまた面白い。

 日雇労働者、寄せ場労働者、飯場労働者の「棄民化」に迫る貴重なドキュメントでもある。

  続く


 古い写真を整理していたら、上のような一枚の写真が出て来た。1993年7月、山谷の労働者福祉会館前から人民パトロールが出発する時のスナップ写真である。
その活動の主体となるのは寄せ場で働く日雇労働者。大きなずんどうに「おじや」をたんまりと入れ、リヤカー乗っけて、さあ元気よく出発!!。悲壮感は何もなく、「仲間のため」「仲間と共に」を合言葉に、夜遅くまでリヤカー引っ張り、炊き出しを配り、チラシを渡して話を聞いたり、時には酒盛りにつかまり、班員が帰ってこないなんてのもザラであった。
若い組合員や活動家は、そんな中で、鍛えられ、労働問題だけではない、福祉の問題、医療の問題、人生の様々な問題を考えさせらたものだ。

 もう一枚、こんな写真も、

 これは何をしているのかと云えば、城北福祉センター(当時は都山谷室の直轄機関)の宿泊援護を求め、前の日からずらりと並び、そのまま寝込んで朝を迎えた労働者の列である。当時、バブル崩壊後の失業問題は、寄せ場ではそんな状況になっていた。 仕事がない労働者は、炊き出しや援護を求め、どこも行列。

 他方、当時、外国人労働者 とりわけイラン人出稼ぎ労働者が 集まる場所として上野公園、代々木公園があった。バブル期の労働力不足を補うため、建設業やサービス業で彼、彼女らは働き、休みの時、公園に集まり、情報交換などをするのだが、それが「異様な光景」として社会問題となって行った。
労働組合の立場からすると外国人労働者との連帯と云うのはひとつのテーマであり、小さな労組や市民団体が労働相談やら生活相談も各所で行われるようになった。また、不法滞在問題や、入管問題も注目されることとなった。
 山谷から上野公園へ通うこととなったのもこの頃、そして、原宿駅前で外国人労働者との連帯、排斥を許さないとマイクを握っていたのが、「澁谷・原宿 生命と権利をかちとる会」の若きリーダー見津毅(1995年交通事故で亡くなる)であった。この頃、山谷からは原宿のデモなどにも参加し、連帯を深めていたのが「縁」にもなり、その後の新宿連絡会の形成の一翼を担うこととなる。

 バブル期の絶頂から、一転してバブル崩壊の嵐。外国人労働者や日雇労働者など多くの人々が社会からはみ出され、失業問題がクローズアップされ、そして、仕事がなく野宿を余儀なくされる日雇労働者。住み込みの寮や飯場から出された建設労働者やサービス業の労働者。寄せ場のみならず、都内各所で瞬く間に社会問題になった。

 戦後の「浮浪者問題」が、ほとんど忘れられたこの頃、突如目の前に現れた失業野宿者の群に世間は驚き戸惑うが、「我が我が」の風潮の中、それはやがて「排除」や「排斥」に傾き、行政も政治もそれに追随する。
そして、労働運動や社会運動、そして当事者達は、「それはないだろう」と、世間や行政への反発を強めることとなる。

 最後に当時の浅草の看板。当時はこんな風に思われていたのである(まあ、今も胸の内はそうなのかも知れないが……)。

  続く